2018.07.22 レッスン





今日の子どもたちは、偶然のペアルックちゃん。

ブラボ !!



日本で「ゴスペルの曲で一番に思い浮かぶのは?」
と問われたら、

たぶんこの曲が一番多く、挙げられるのでは。 



元奴隷船船長ジョン・ニュートンが書いた

「Amazing Grace」。




 今回はメンバーの知人がアレンジしてくれた

シンプルなAmazingに取り組む。


 有名な歌詞は下記の通り。 

でも実は7番まである。 

そして

歌詞の内容は

背景を知れば知るほど、考えさせられる。 



歌詞の中、言葉の中から 

自分のために用意された

と思われる表現や内容を見つけて、

そこを中心にして曲全体を

心の中で

自分色に解釈していくことで

自分自身のGOSPELが出来上がる。



ゴスペルの定番だから歌う、有名だから歌う。

 ...とは程遠いものなのかも。

 初心に帰って歌詞から学んでいきたい。

                                            

                                           meg.Tat



 ********************************************************* 

Amazing grace! how sweet the sound     

驚くほどの恵み、なんとやさしい響きだろう

       That saved a wretch like me        

私のような罪深い者さえも、あなたは救われた 

         I once was lost, but now am found       

かつて私は何も持たなかったが、いまは見出すことがでている 

Was blind, but now I see.   

かつて私の魂は盲目だったが、今は見えている 

********************************************************* 


「ゴスペルの暗号」/益子務著(祥伝社)より


ゴスペルクワイア HOPE

千歳、札幌里塚を拠点に社会人、主婦、子育てママが集まり、 精力的に活動しているゴスペルクワイアです。 子連れママも大歓迎!! 随時メンバー募集中!!