想い溢れて。 2016.12.4


昨日はHOPEの今年最後のコンサートでした。

クリスマスが近いということもあり、クリスマスを意識した選曲でのミニコンサートとなりました。


HOPEのはじまりから一緒だったというピアニストのメルちゃんのピアノ伴奏でめーやんのソロ、Amazing Graceからスタート。

すでに心震えだしていました、ほんとはね。

私は今回はじめて詩の朗読もさせていただきました。

マイクの前に立ったら手の震えが止まらず持っていた紙がぶるぶる。
心臓もどんどん激しく私の呼吸を邪魔する。
息が吸えない。
でもこの詩を伝えなければならない!
とにかくゆっくりとお客さんに届くようにと一言一言大切に言葉にしました。
私の精一杯。

無事終えたあとは大好きなMy life 。

いろんな想いが巡ってしまい、うるうるどころか本気泣きして歌えなかったという。

と、個人的な文章になってしまってごめんなさい。


100席用意した席も満席で、当日券も完売、立見までいたという。

お客さんも心寄せて聴いていてくれているのがすごく伝わってきました。

歌っている私たちも、そしてお客さんも、この日ここにいた人みーんな、大なり小なり日々いろんなことを抱えて生きている。

歌を歌い、聴いて、詩を読み、聴いて、それぞれが自分の心に重ね合わせて涙を流せたこと、すごく幸せでした。

打ち上げでわかったことですが、アンケートも76枚回収できたのと、ほとんどが細かく感想を書いてくださっていて、それだけ感心を持って聴いていてくれていたんだと知り、またよりじーんときたものでした。

またまた個人的なことだけれど、前回のサンピアザにも出れなかったり、レッスンにも行けてなくて、最初はこの日も出ないつもりでいたのだけれど、テナーのMさん、Yちんが忙しいにも関わらず自宅にきて個人指導をしてくれてなんとか間に合いました。

うまく言えないけれど、HOPEのみんなって困った人ほっとかない人たちばかり。
みんなそれぞれ出来ること、得意な分野で率先して支えあうというか、アシスト力がすごい。

そんなことをこの日を迎えるまでの様子や、打ち上げでの会話からしみじみ感じました。

そんなHOPEに出会えたこと、みんなに出会えたことに感謝の気持ちでいっぱい。

メルちゃんのピアノに乗せて歌えたことも、めーやんの涙も全部全部あったかくて幸せだったー。




幸せな1日をありがとうございました!!





Program
・Amazing Grace
・What The Lord Has Done In Me
・My Life Is In Your Hands
・牧人ひつじを
・荒野の果てに
・きよしこの夜
・Near The Cross(賛美歌257)
・Total Praise
anc
・君は愛されため生まれた
・Giants


テナー  アキ

ゴスペルクワイア HOPE

千歳、札幌里塚を拠点に社会人、主婦、子育てママが集まり、 精力的に活動しているゴスペルクワイアです。 子連れママも大歓迎!! 随時メンバー募集中!!